Bar

  • Dsc00041

面白かった、しろい本

  • 保江邦夫: 唯心論武道の誕生
Powered by Six Apart

2016年9月29日 (木)

金木犀

金木犀が来た。あまり匂わない。

店に来る途中、9本の木があるが、

あまり匂わない、微かに香るのが少し。

わたしの鼻がおかしいのか。

003

008

2016年9月28日 (水)

読んだ

トキ(時)というのは、流れるものではなく、

「回転」しているらしい。

また、トキは消えてはいなくて、

回転している間はどこかに残っているらしい。

それを解るには右脳を鍛えるといいらしい。

「直感を司る松果体は、左脳だけでは動かない。

右脳と一緒に働かせないとユラユラしない」

ということらしい。

Img

003

2016年9月26日 (月)

モニター

A氏のおかげでモニターは手に入ったが、

USBは動かない。

ところが・・・・・・・・解決した。

ひょっとしてと思い、

MP3を普通にしたら、鳴り出した。

 当然といえば当然。

DVDの音楽にMP3 はないはずだ。

003

002

004

2016年9月20日 (火)

台風

雨音で(トタン屋根)、

外の様子はどうかと見たら、

南天の葉が1、2枚と

実の2,3粒が色づいてきた。

で、一句。

     南天も 色づき始め 台風(かぜ)の中      生眼

2016年9月19日 (月)

読んだ

神道は原始キリスト教と関連性を持っているという。

ユダヤ教と神道:神社の形式もおなじという。

おまけは利休もキリスト教の影響を受け、

茶道を完成させたという。...

キリスト教を嫌った秀吉がそれに気づき、

利休を切腹させたという。

Img

お祝い

お祝いにもらった。

今日は早く「帰ろう」。

002

006

2016年9月14日 (水)

モニター

リモコンの操作がよく分からない。

それもそのはず、モニターTVがいる。

どこかに余ってないか、小さいの。

002

2016年9月12日 (月)

USB

DVDプレイヤーがいよいよオカシクなって、

だましだまし使ってきたのが、1回で止まってしまう。

それで、とうとう新しいのを買ってきた。

4000円ちょい。安くなったもんだ。

友人にUSBが使えるのがいいと聞いていたので、...

苦労して4枚を同期させ、リモコンでやっと鳴った。

まだ、どこを押せば再生するか解らない。

USBのチカチカが気になる。

005

ソバの

昨日は8時過ぎに起きて鯖江へ行って来た。

例の研究会である。

前日はあまり飲まなかったので起きられたのだ。

福鉄の窓からは稲穂とそばの花が見えた。

で、一句。

      稲株の ソバに広がる 白い花     生眼

003

2016年9月 6日 (火)

冬瓜

冬瓜をもらった。

手ごろな大きさ。

少し熟成が必要らしい。

002

2016年9月 2日 (金)

人気

最近の人気おつまみ。

チクワに自家製ユズみそを入れ、

キューリを挿す。

キューリは両端から挿すのがミソ。

002

004

006

2016年9月 1日 (木)

仙骨

読んだ。

武蔵、尾張柳生に「チョウホウ」されたようだ。

《仙骨は古代から神聖なものと見なされていました。

語源はラテン語のos sacrum(オスセイクラム)=神聖な骨。

古代エジプト、ユダヤ、マヤ語でも「神聖な骨」という意味になっています。

日本語では薦骨=「神に薦める骨」、それが仙骨になりました。

古人は仙骨に仙人の「不老長寿」に連なる道を見ていたのでしょうか。》

Img

2016年8月30日 (火)

続・夏そば

夏そば登場。

味見では可もなく不可もなく。

先夏(15.07)ほどのインパクトはなかった。

慣れか。

001

2016年8月25日 (木)

さるすべり

近所の小学校に白い百日紅(多分)が咲いていた。

で、一句。

      暑すぎて 登る気もなし 百日白    生眼

2016年8月13日 (土)

真夜中

夜中に帰ると、まだセミが鳴いていたり、

落ちていたりする。

たまたま昨夜はセミが墜ちてきた。

で、一句。

  ペルセウスの 光を追いて セミ墜ちる    生眼

2016年8月10日 (水)

帰依

ようやく読み終えた。

ずいぶん以前に買ったのだが、読んでいなかった。

今思うと、2、3ページでやめた気がする。

ところが最近、手が伸びて本棚から取った。

「野口整体」から始まり、「整体」と「治療」は異なるのだと言う。

極端に言うと、治療は病気「自体」を考え、

整体は「全体のバランス」の中で病気を考える。

野口晴哉(はるちか)は「治療を捨てた」と言う。

「その人にとって一番素直な生き方、

いい生き方ができる状態にする」ことだと言う。

これを武術にこじつけると、

相手の動きたい所に動かす、となるのではないか。

パワーで無理強いするのではなく、

相手のままにまかせる。

どこかで聞いたような気がする。

保江先生の「相手を神様と思え」ではないか。

「神様と思う」のには何かが引っ掛かっていたが、

私なりに思ったのは、「帰依」という言葉。

「相手(神様)に帰依する」と思うと、

シックリくる(仏教徒のせいか)。

それでもう一回「合気の・・」を読もうと思う。

Img

Hiketu

2016年8月 9日 (火)

立秋

はや立秋。

朝夕の風がこころもち涼しくなったような。

で、1句。

   秋立ちて シャワーの水も 水らしく     生眼

2016年8月 1日 (月)

瞬間

今日の県民福井に達人(の瞬間)の言葉が出ていた。

昔、あるボクサーが似たような事を言っていた。

「軽くグローブを出しただけなのに、相手が倒れた」

また最近の重量挙げのTVでも、

「練習で、100キロのポールだけを何回も上げるのですが、

重さを感じない時がある」など。

武術にも似たような事がある。

「手を出したら、相手が倒れた。」

そのような時は「力んで」いないらしいが、

異様に軽いらしい。

Img_0001

2016年7月30日 (土)

ラー油

ホワイト・ラー油?に挑戦。

喫茶店でキューリと青唐辛子をもらった。

青唐辛子はちょっとかじってみたが、

とても食べられたものではない。

知り合いの中華料理屋へと思ったが、

最近、休んでいる。

てなわけでオイル漬に挑戦。

どうなることやら。

003

2016年7月29日 (金)

秘伝 8

久々に買った。

最近考えていた、骨盤・仙骨に詳しい。

6月から西野流も復活し(汗だく)、

仙骨を意識してやると、動きの意味が分かる気がする。

(動き自体の奥が深い)

仙骨を意識して歩くと、手の平の形が変化した。

自然と手の平が少しすぼまるのだ。

また、「合気上げ」の特集(連載)もあり、

「合気上げが基本」という意味も解かった。

連載「由流(ゆる)体操」では

「正中線」の謎が解けた気がする。

買って正解、実り多い1冊となった(予)。

Img_0001

Img_2