Bar

  • Dsc00041

面白かった、しろい本

  • 保江邦夫: 唯心論武道の誕生
Powered by Six Apart

2016年8月25日 (木)

さるすべり

近所の小学校に白い百日紅(多分)が咲いていた。

で、一句。

      暑すぎて 登る気もなし 百日白    生眼

2016年8月13日 (土)

真夜中

夜中に帰ると、まだセミが鳴いていたり、

落ちていたりする。

たまたま昨夜はセミが墜ちてきた。

で、一句。

  ペルセウスの 光を追いて セミ墜ちる    生眼

2016年8月10日 (水)

帰依

ようやく読み終えた。

ずいぶん以前に買ったのだが、読んでいなかった。

今思うと、2、3ページでやめた気がする。

ところが最近、手が伸びて本棚から取った。

「野口整体」から始まり、「整体」と「治療」は異なるのだと言う。

極端に言うと、治療は病気「自体」を考え、

整体は「全体のバランス」の中で病気を考える。

野口晴哉(はるちか)は「治療を捨てた」と言う。

「その人にとって一番素直な生き方、

いい生き方ができる状態にする」ことだと言う。

これを武術にこじつけると、

相手の動きたい所に動かす、となるのではないか。

パワーで無理強いするのではなく、

相手のままにまかせる。

どこかで聞いたような気がする。

保江先生の「相手を神様と思え」ではないか。

「神様と思う」のには何かが引っ掛かっていたが、

私なりに思ったのは、「帰依」という言葉。

「相手(神様)に帰依する」と思うと、

シックリくる(仏教徒のせいか)。

それでもう一回「合気の・・」を読もうと思う。

Img

Hiketu

2016年8月 9日 (火)

立秋

はや立秋。

朝夕の風がこころもち涼しくなったような。

で、1句。

   秋立ちて シャワーの水も 水らしく     生眼

2016年8月 1日 (月)

瞬間

今日の県民福井に達人(の瞬間)の言葉が出ていた。

昔、あるボクサーが似たような事を言っていた。

「軽くグローブを出しただけなのに、相手が倒れた」

また最近の重量挙げのTVでも、

「練習で、100キロのポールだけを何回も上げるのですが、

重さを感じない時がある」など。

武術にも似たような事がある。

「手を出したら、相手が倒れた。」

そのような時は「力んで」いないらしいが、

異様に軽いらしい。

Img_0001

2016年7月30日 (土)

ラー油

ホワイト・ラー油?に挑戦。

喫茶店でキューリと青唐辛子をもらった。

青唐辛子はちょっとかじってみたが、

とても食べられたものではない。

知り合いの中華料理屋へと思ったが、

最近、休んでいる。

てなわけでオイル漬に挑戦。

どうなることやら。

003

2016年7月29日 (金)

秘伝 8

久々に買った。

最近考えていた、骨盤・仙骨に詳しい。

6月から西野流も復活し(汗だく)、

仙骨を意識してやると、動きの意味が分かる気がする。

(動き自体の奥が深い)

仙骨を意識して歩くと、手の平の形が変化した。

自然と手の平が少しすぼまるのだ。

また、「合気上げ」の特集(連載)もあり、

「合気上げが基本」という意味も解かった。

連載「由流(ゆる)体操」では

「正中線」の謎が解けた気がする。

買って正解、実り多い1冊となった(予)。

Img_0001

Img_2

隠し味

隠し味、第二弾。ニンニク醤油。

霧吹きは108円で。

第一弾はニンニクを漬けた日本酒。

ペットボトルは飽和食塩水。

003

003_2

005

009

2016年7月26日 (火)

イカリ

先日、書き忘れたのだが、錨に関しての話。

左側はポパイに出てくるイカリ、

中学生の頃、腕に「インク」で書いたものだ。

最近のイカリ(小型船舶?)は右側のよう。

ロープを結ぶ位置が逆になっている。

これはイカリが根がかりしたときの用心だと言う。

下?の輪にロープを結び、上の輪とは弱めの紐で結んでおく。

そうすれば根がかりしても、強く引けば、紐が切れて、

イカリは楽に上がって来るという。

Img_0001

2016年7月20日 (水)

記・紀

読んだ。最近、よく本が読める。

記・紀に関してのわだかまりが消えた。

つまり、インドで仏教が広まるためには、

地方地方の神々を仏教のなかに取り入れなければ、

信頼・安心を得られなかったように、

大和王権もそうしたと言うことらしい。

オオモノヌシがモノ(オニ=異界のモノ)から、

オオモノヌシノカミになることなのだ。

Img

2016年7月19日 (火)

怪人登場

 昨日、久しぶりに店に来てくれた氏。

以前からペースが速いと言っていたのだが、

この日は何を思ったか、

とんでもない事に挑戦しだした。...

メニューのスタンダードカクテルを全部飲むと言う。

かって、4杯飲んで寝てしまったお客さんはいたが、

大丈夫かと思っているうちに、次々と飲み干した。

なんと連続8杯。

私にはクエルボ・テキーラを飲めと言って、

ストレートでお付き合いした。

話も弾んで、そろそろという頃、

最後の〆といってもう1杯。

「私に挑戦する人はいないか」というが、

誰もいないと思う、いや誰もいない。

なんのことはない、私が先に酔っ払ってしまった。

2016年7月18日 (月)

上の毛

シャワーを浴びていて、最近気になるのが、
髪が太く、多くなったのではないか、ということ。
洗っていて、水洗いだけのせいかも知れないが、手触りがちがう。
伸びたのは伸びてきたのだが、
鏡で見ると地肌が見えにくくなった気がする。
特に変わったことはしていないが、
呼吸法を復活したのと、耳壺マッサージ。
耳壺は視覚に関係すると言うし、
それとも、研究会の成果か。
散発に行けば判ることだが。
あすはシャンプーで洗おうか。

2016年7月15日 (金)

読んだ

ようやく読み終えた。

2011年発刊で、終わったことも書いてあったが、

後半(終盤)は面白かった。

日本はよほどに特殊な国のようだ。 いい意味で。

Img_0001

2016年7月 8日 (金)

2年前

2014.8.7

Cap2

2016年7月 7日 (木)

復活

2年前にはじめたことを、最近復活した。

大好きな先生に間違いはない。

2年前より効果がある気がする。

Img_3

Cap

2016年7月 6日 (水)

鉛筆画

T先生の鉛筆画。

Baccarat Crystal.

わざわざ持って来てくださった。

007

産地直送

喫茶店へ漫画を読みに行ったら。

003

2016年7月 5日 (火)

未来記

モーセは出エジプトのとき、

シナイ山で唯一神(太陽神ラー)に出会い、

そのときに裸足で、シナイ山そのものも燃える炎の山であったという。

シナイ山はシナイ半島にあり、火山があるようには思えない。

つまりモーセがシナイ山で体験したのは、

ヤハウェによって次元転移された場所ではなかったのか。

その場所とは「アトランティス」。

火山と地震により一夜にして海中に沈んだという。

なぜ古代ユダヤ人が東へ向かい、日本へ来たのか。

日本は火山の国だからである。

エジプトのピラミッドにはアトランティスの秘儀が隠されており、

それを知っている古代ユダヤ人が日本へ来たのだ。

エジプトは太陽の国であり、アトランティスは火山の国。

モーセの宗教は太陽の火と燃える炎の火を合体させた宗教だという。

なにも問題はない。

Img

初セミ

用事で早めに家を出たら、蝉が鳴いていた。

以前は、フェニックス通りのプラタナス

(スズカケ)で鳴いていたものだったが、

今はその木もない。

で、一句。

  初セミは その場所ごとに 思いあり      生眼

2016年7月 4日 (月)

七夕

駅前に行くと笹飾りがいっぱい。

で、一句。

   短冊は 昔ながらに 笹に飾り     生眼