Bar

  • Dsc00041

面白かった、しろい本

  • 保江邦夫: 唯心論武道の誕生
Powered by Six Apart

2018年6月14日 (木)

断食

小食の次に微食があり、菜食の次に生菜食があり、

行きつくところは断食という。

昔、人間にも葉緑素があれば楽だろうと思ったが、

案外、的外れでもないという。

経絡にある、ある物質は太陽光で元気になるという。

食べなくてもいいのか。

そういう人が、日本にもいるという。

Img

2018年6月 2日 (土)

シスター

一氣に読んでしまった。

前回読んだ「置かれた場所で咲きなさい」は、

あまり印象に残っていないが、今回は強烈だ。

シスター渡辺和子は、保江先生の「名誉母親」であり、

先生はシスターの「名誉息子」「放蕩息子」だという。

で、私も先生の「自称弟子」と言うことで、

シスターを使わせてもらうことにした。

Img_0001

2018年5月29日 (火)

満月

23時満月。

1枚目、何か映っている。

あわてて見に行ったが何もない。

終わりの2枚は二度目の写真。

001

004

006

007

2018年5月25日 (金)

近所の小学校や公園で、

遅咲きのつつじが咲いている。

桜などの木陰になって、

それほど暑くないのかもしれないが、

大変そうに見える。

で、一句。

 

    遅咲きの つつじも焦る 青い空     清眼

2018年5月23日 (水)

古さ

疲れ果てた。

一週間ほど前に、「office」が古いと出て、

何かのDVDを入れたら、「はがきスタジオ」がおかしくなり、

バックアップのDVDを入れたら、すでに入っていて,

それが使えないという。...

スペアの心臓部を別に外してあったので、

それを入れてもどうにもならない。

あきらめかけて、DVDと心臓部を同時に使うことを思いついた。

結果はバッチリ。うまくいった。

昨日から持ってきてあった年賀状の住所を入れなおした。

でも2/3くらい。住所録はパーになっていたのだ。捨てなくてよかった。

原因はPCに入っていた「スタジオ」と、

バックアップで入れた「スタジオ」のDVDが違っていたことだったのだ。

入っていたのは古いパターンだったのだ。

やはりうちの店には「古さ」が似合うようだ。めでたし目出度し。

001

003

2018年5月17日 (木)

7.8Hz

7.8Hzは、人が睡眠と覚醒の境目付近にあるときの脳波であり、

同時に地球を取り巻くバンアレン帯の

プラズマ振動であるシューマン共振と同じ周波数です。

 

地球は周波数7.8Hzの電磁波で囲まれているということです。

そして、我々は、生まれて以来ずっと、

7.8Hzの電磁波を浴びていて生活しており、

脳波はその影響を受けているということにもなります。

つまり、私たちは系統発生的にも個体発生的にも、

7.8Hzを中心とした「揺らぎ」の中で進化し、

成長してきたことになります。

この環境の中で発生した生命体は、動物も人間も含めて、

細胞のバイブレーションのベースが

7.8Hzになっていると言えるでしょう。

息を吸いながら「よかった」と心の中で思い、
息を吐きながら「ありがとう」と喜びを味わいます。
これだけです。これが脳波の周波数を下げるのに
最も効果がありました。

Img_0001

2018年5月16日 (水)

てんとう虫

ミント氷を作った。

昨日切って来たのだが、ギリギリセーフというところ。

先端にアブラムシがつきはじめたのだ。

虫といえば、来る時に付かれた。

てんとう虫だと思うが、マーガレット(?)の群生から飛んできたのだ。

左腕に飛び付くのがよく分かっている。

今日は良いことがありそう。

で、一句。

     昼下がり てんとう虫に 飛びつかれ      清眼

005

002

2018年5月14日 (月)

お犬様

久々に電車に乗った。

自然がいつもより多く、たまにはいいもんだ。

田植えした田んぼ、横には穂が出た麦。

道ばたの草たちをながめていると,

どれも食べられそうな氣がしてくるのは、...

草の若々しさか、はたまた老眼のせいか。

鯖江の研究会で、高野山のお犬様をもらってきた。

003

005

2018年5月13日 (日)

お祝い

昨日、お祝いをもらった。

実はお花をくれた二人は、

うちのピアノが縁で結ばれた二人です。

その10周年も記念しての花束でした。

おめでとうございます

私も心ばかりのお祝いをさせていただきました。

001

004

002

お犬さま

久々に電車に乗った。

自然がいつもより多く、たまにはいいもんだ。

田植えした田んぼ、横には穂が出た麦。

道ばたの草たちをながめていると、

どれも食べられそうな氣がしてくるのは、

草の若々しさか、はたまた老眼のせいか。

 鯖江の研究会で、高野山のお犬様をもらってきた。

003

005

2018年5月11日 (金)

記念

「合気完結」を記念して作った。

理論物理学による合気の解明の二本柱。

ヤスエ(オイラー・ヤスエ)方程式は、

ランチャー・フルビア・クーペで、

ドイツのアウトバーンを「スピードメーターの針が、

190キロ近くを指すようになったとき、

不思議な静寂の瞬間が訪れた」。

「突如、自分の額の裏側としか表現できないところに、

何か数式のようなものがフッと浮かび上がってきた」

「シュレディンガー(波動)方程式は無次元の宇宙を表現できるという。

ちなみにシュレディンガー方程式をより深めたのが

「ヤスエ方程式」保江先生なのだ。外国では有名なのだ。

ということになる。

また、素領域理論をシュレディンガー方程式に当てはめると、

「論理的に導かれた事実になったのです。」という。

「たとえば黄色の地の部分をモナドAと呼び、

青の地の部分をモナドBと呼ぶとします。

モナドBがあるときずーっと伸びてモナドAにつながってしまう。

これが眞法合気だと説明できるわけです。」

Img_0001

Img_0002

001

2018年5月10日 (木)

読んだ

「合気完結への旅」を読んでしまった。

合気には二種類あり、

一方は、保江先生が身につけた「眞法合気」。

こちらは、よほどの事がないかぎり、身に付けるのは不可能という。

また、最新の理論物理学で解明してしまったので、

興味が薄れてきたという。寂しい。

他方は、「合気は:一種の感覚:です。その感覚を知らなければ

合気は使えません」、という合気。二段階だという。

何とかヒントは見つかったのか。稽古が楽しみ。

2018年5月 8日 (火)

ランダムウオーク(酔歩)

「酔っ払いが次々に店から店への

ランダムウオーク(酔歩)をする」ことは、

物理学的には個人(素粒子)ではなく、

もともとは波動に関係しているという。

ちなみにシュレーディンガー方程式は波動方程式です。...

「素領域が極限まで小さくなり、連続的に素領域同士くっついて

ノペーとした連続なユークリッド空間のようなところで、素粒子が運動している。

隣の素領域に次々飛び移っているのは、

酔っ払いが次々に店から店へのランダムウオーク(酔歩)をするようで、

それを確率論で調べればなんとかなるのでは、

と思ったわけです。酔歩の数学の研究はうなるほどあったから、

それを利用して、連続な極限でどうなるかを調べたら、

いちおう、シュレーディンガー方程式で記述できるということが

わかったのです。

シュレーディンガー方程式の解である波動関数ψの

絶対値の二乗が、素粒子がそこに存在する確率密度を与えるということまで、

出てくるのです。

素領域理論の酔っ払いの運動だと思って当てはめていくと、

それは解釈じゃなく論理的に導かれた事実になったのです。」

ちなみにシュレーディンガー方程式は波動方程式です。

Img_2

2018年5月 4日 (金)

続・ノゲシ

若そうなのがあった。

茹でたら、茎はジャキジャキ、何の面白みもない。

せめてと葉っぱは、苦みありと言える程度。

美味かったら放って置かないはず。

001

2018年5月 3日 (木)

アザミ(ノゲシ)

近所で買い物をしての帰り、駐車場のヘイぎわで、

いきなり小さい虫が湧きあがった。

雨上がりなのにおかしいと思ったら、どんどん広がっていく。

よく見たら綿毛の種だった。

調べたらアザミは食べられるらしい。

苦いそうだが、近所に食べられる野草があった。

で、一句。

      雨上がり 西日をうけて アザミ飛ぶ    清眼

     (ペンネームを変更しました。 生眼→清眼)

アザミではなく、ノゲシ(オニノゲシ)だそうです。
句を訂正します。

   雨上がり 西日をうけて ノゲシ飛ぶ

なんか、もうひとつ。

   雨上がり 西日をうけて 春綿毛      清眼

002

004

006

 

2018年5月 2日 (水)

バラ

バラ。今年のバラは大雪のせいか、

葉っぱの茂りかたがすごく、

花も大きいように思える。

サクラも早く、葉桜も「したたって」いる。

氣のせいか、ツツジもアッという間に咲いた。

銀河系の回転が速くなったのか。

003

挿し木

挿し木。全部ついても困るが、

つかないのも困る。

(水がダブダブになるように変更)

名前は「サンマル・サクラ」と決めている。

002

007

2018年4月27日 (金)

おどろ木

何と何と、驚き、桃の木、山椒の木。

神主さまが関わっていたのは知っていたが。

「実は、大東流合気柔術の技というのは、

陰陽道の中の武術の一部なのですよ」とのこと。

「そんな話は聞いたことがない。

その陰陽道の技ってなんというのですか」と聞いたら

「御式内(ごしきうち)」

Img

2018年4月25日 (水)

芍薬

店に来たら、花瓶に挿してあった。

ボタンかと思ったら、シャクヤクだった。

また、スガモのフリカケももらった。

美味しい。

005_2

001

牡丹

ぼたんが咲いた。

さくらに似合う。

005